逆指値注文


逆指値とは、「この水準まで下落したら成り行き売り」などというように、通常の指値とは反対の証券・為替の注文方法。

特に短期売買の場合には、リスク管理上、ロスカット(損切り)のルールを決めて実行することが大切。ロスカットのルールとしては、「この水準を割り込んだらロスカットする」というようにロスカットラインを決めておくことが一般的。その際、逆指値注文を使えば、ロスカットのルールを自動的に執行することができる。逆指値注文は為替取引で一般的であったが、最近はネット証券などで導入が増えてきている。また、「この水準まで上昇したら買い」という逆指値注文の使い方もある。

©初心者のための株式デイトレード講座