デイトレードとは


最近は、デイトレードの人気が高まりビジネス雑誌などで特集されているのをよく見かけます。
数十万円を短期間で数千万円、数億円にしたデイトレーダーが取り上げられたり、本を出したりする人が出てきたり・・
そんな状況を知ってデイトレードに興味を持ち、始めてみたいと思う人も多くなってきています。
では、デイトレードとは、どんな取引なのか初心者にも分かりやすく解説していきます。

【デイトレードとは】
デイトレードとは、買った株をその日のうちに売ってしまう、と言う超短期な取引の事を言います。
当日決済なので、大引け(取引終了」までに決済を行います。
つまり、株を持っているのは長くて数時間。
買ってから売るまで数分間っていうのもあります。
でもそんなに早く売買が出来るんだろうか?と思う方もいらっしゃると思いますが、その心配はありません。
売買経験を積んでいくうちに、出来るようになりますし「自動売買」と言う方法もあります。
【まとめ】
デイトレードは、わずかな値幅を短時間で取ると言う売買を一日のうちにいくつかの銘柄で何回も行って、儲けを出す!


自動売買とは

©初心者のための株式デイトレード講座